当園は 当園は
一人ひとりの
個性を育む幼稚園です。
教育方針 教育方針
豊かな遊びは子どもの好奇心
挑戦する勇気を育みます。
活動内容 活動内容
自転車遊びや
独自の活動で能力開発!
プール活動 プール活動
一年中がプールの季節
幼児専用本格的温水プール。
満3歳児入園 満3歳児入園
4年保育クラス
満3歳誕生日の翌日から入園!
概要
歩み
園の一日
楽しい幼稚園
預かり保育
親子教室
募集広告・要覧
書籍ご紹介
歩み 前のページに戻る


本園は昭和31年4月故永山精孝先生が
「事業人として平穏無事な老後を迎えることができたのは
社会恩の賜である」との強い思いが出発点の源でありました。
人生最後の事業は営利を目的とした事業ではなく
社会への報恩の意味をこめて
公共の福祉に直接貢献する事業をとの考えから
私立幼稚園の設立に至りました。
以来十年余年にわたって当市に市立東石川幼稚園が設立されるまで
独力で現ひたちなか市(旧勝田市)の幼稚園教育を担って参りました。
昭和39年8月学校法人に組織を変更し
さらに、公共性と永続性を高めました。
また、昭和52年4月市内津田片岡前1929番地に勝田第二幼稚園を設立し
従来の勝田幼稚園の園名を勝田第一幼稚園、法人名を
永山学園と改称し現在に及んでおります。


年度   歩み
昭和31年3月30日   茨城県知事より私立勝田幼稚園設置について認可される。
31年4月1日   勝田市武田1156-3に私立勝田幼稚園開園。
(設置者永山精孝、園長永山一男)
39年8月3日   組織を変更し学校法人勝田幼稚園として認可される。
(初代理事長永山精孝、園長永山一男)
52年2月8日   法人名勝田幼稚園を永山学園とし、従来の勝田幼稚園の園名
を勝田第一幼稚園と改称し、あらたに設置する幼稚園を
勝田第二幼稚園とする。
52年4月1日   勝田第二幼稚園開園
平成4年1月31日   勝田第一幼稚園第三園舎(床面積896.16平方メートル)を
新築する。
7年2月28日   勝田第一幼稚園に通年使用の本格的温水プール
(420平方メートル)、ボイラー室(12平方メートル)を新築。
13年11月22日   勝田第二幼稚園新園舎(床面積620平方メートル)を新築する。
23年12月   勝田第一幼稚園新園舎を新築する。